Search

2021年3月議会

「4年間の市政運営の展望と計画について」

「庁内外におけるリモートワークの推進について」

■「4年間の市政運営の展望と計画について」では、市長選挙後初の市議会という機会を捉え、市長が掲げた公約を基に4年間の任期においてどのような展望とスケジュールを描いておられるのかを市長に直接問わせていただきました。 コロナ禍への対応、災害対策を喫緊の課題と捉えて注力していくご意向を改めて確認させていただく一方、今後少なくとも2年間は景気の低迷から財政状況が厳しくなることを見込んでおり、財政構造の改善・行財政改革に取り組んでいくことが必要であるといった認識をお示しいただきました。

●この春には我々市議会の現在の任期も残すところ2年間となり、今後少なくとも2年間は見込まれている景気低迷の時期の市政運営を並走していくこととなります。 コロナ禍・災害対策・行財政改革、そして、川越市制施行100周年以降の更なる発展へ向けたまちづくりなど、これからの市政運営には難題が山積しておりますが、こうしたときこそ政治と行政の真価が問われるときだと私も自戒をするところです。 この厳しいコロナ禍をみなさまと共に乗り越え、川越市の更なる発展に繋げていけるよう、川合市政4期目の市政運営に心よりご期待申し上げます。

■「リモートワークの推進について」では、このコロナ禍のなかで庁内外向けにリモートワークを行なえる環境が整備された状況を確認させていただくとともに、その活用状況を質しました。 活用状況としては、まだそれぞれの担当課が試行錯誤をしている段階にあり、今後の対応へ向けては、コロナ対策はもちろんのこと、働き方改革や、若い世代等これまで時間と場所に制約され市政に参加できなかった方々への門を開く意味でも、さらに活用を推進し、環境を充実させていくことが必要だと提言させていただきました。 今後、リモートワークを行なう上での課題や対応策等、庁内で統一的な指針を定めていただき、各種の審議会や市民との意見交換や協議等、様々な場面においてリモートワークが併用されるといった更なる推進に期待をしております。

●録画はこちらからご覧いただけます。 https://smart.discussvision.net/.../Web.../rd/speech.html...


#川越市議会 #樋口なおき #樋口直喜 #一般質問

30 views

Recent Posts

See All