Search

2022年3月議会

■「商店街の安全安心について」&「保育所入所基準指数表の配点方法について」

●「災害活動時のトイレ事情について」

■川越市議会3月定例会と●川越地区消防組合議会の両議会にて一般質問を行いましたのでご報告いたします。


■客引き防止等条例の制定&クレアモールの石張り舗装について 市議会一般質問では、「商店街の安全安心について」を取り上げ、安心面に不安を与えている悪質な客引きの問題に対し、他市での客引き防止等条例を例に、川越市においても条例を制定して対応すべきであることを提言しました。また、ガタツキが目立ち、安全面の課題となっているクレアモールの石張り舗装の路面について、安全性の高い歩行者空間が保てるリニューアルの実施を求めました。


■保育所入所時の審査における配点方法について 「保育所入所基準指数表について」を取り上げ、基準だけではわりきれない個別ケースを示しながら保育所入所時の審査における配点方法について質し、基準改定時には様々なケースについて踏み込んだ議論をしたうえで見直しを検討するべきである旨を提言しました。


●災害活動時のトイレ事情について 昨年の4月に東京消防庁 神田消防署で全国初とされるトイレ機能に特化したトイレカーが導入されたというニュースを例に示し、本組合管内の災害活動時のトイレ事情について伺いました。

本組合管内では災害活動時のトイレは、①公共施設のトイレ、②指揮車に積載されている簡易トイレ、③トイレ搭載の支援車のいずれかを利用するということでありますが、災害現場において①の公共施設が常に近くにあるとは限りません。 また、公共施設の代替手段である②と③の使用実績を確認すると、様々な課題から②簡易トイレの使用実績は1年間に1回、③支援車のトイレについては使用実績がないことがわかりました。

トイレカーが導入された神田署のニュースによると、現場の職員からはこれまでは近隣の住宅や商業施設などのトイレを借りていたものの、活動による汚れ等が衣服に付着していることも多く、借りにくい状況があったことや、活動中のトイレの問題は心理的負担となっていたということが示されており、本組合管内においても同様の課題があることが推察されました。

そこで、活動現場のみなさまの心身の負担を軽減するため、現状のトイレ事情を少しでも改善していただくよう今後の災害活動時のトイレへの対応について質しました。

35 views

Recent Posts

See All